• 薪ストーブについて
  • 薪ストーブQ&A
  • 薪ストーブの焚き方
  • 二重煙突の重要性
  • 薪の割り方と 薪割り道具のメンテナンス
  • 薪の乾燥と保管
  • 薪小屋の作り方
  • 薪ストーブ・煙突のメンテナンス方法
  • 初めてのお買い物
  • 薪ストーブ用語辞典
  • 薪ストーブクッキング

薪ストーブ用語辞典

暖炉や薪ストーブに関する言葉には独自のものが多く、日頃耳慣れた言葉でも、ここでは特別な意味を持つものもあります。
そうした暖炉や薪ストーブに関する言葉を50音順にまとめました。

あ行

  • アックス(Axe)

    斧のこと。薪づくりでまず必要になる道具。
    刃先にある程度の厚みがあり、それなりの重さのあるものが薪割りに向く。サイズや重さ、柄の長さなどが自分に合ったものを選びたい。


  • 一次燃焼

    ストーブ内で起こる最初の燃焼。
    この一次燃焼で薪が完全に燃焼することは少ないため、二次燃焼装置によって未燃焼のガスを再度燃やすシステムになっていることが多い。


  • ウォーミングオーブン

    クッキングストーブのパーツ。
    煙突やホットプレートからの余熱を利用し、料理の保温や食器の温め、食品の発酵や乾燥などを行う。


  • ウォーミングシェルフ

    薪ストーブのトップ脇やクッキングストーブのホットプレートの脇などにある棚状の部位。オプションで取り付ける機種も多い。
    ストーブの余熱を利用して料理の保温などができる。また、ウォーミングシェルフに取り付けるポールを利用すれば手袋などの乾燥もできる。


  • ウッドバスケット

    薪を入れるバスケット。
    薪ストーブの近くに置いて数日分の薪を保管しておくのに便利。


  • 埋め込み型


  • エアコントロール

    火室内に取り入れる空気量を調節するノブ。


  • エアタイトストーブ

    ローディングドアを閉めると密閉されるタイプの薪ストーブ


  • 煙室


  • 煙道

    暖炉の煙の通り道。
    十分な吸引力が得られるように一定の長さが必要になる。
    燃焼ガス自身の熱で上昇するため、煙道の断熱が必要。


  • 煙道火災

    煙突内部に付着したタールに引火して燃え上がる現象。
    なるべくタールが煙突内に留まらないようにストーブを適切に使用するとともに、煙突掃除などのメンテナンスを怠らないことが大切。


  • 煙突

    燃焼のために取り入れた空気を燃焼後に屋外に排出する装置。
    シングル・二重・三重などの種類があり、材質、太さ、施工の仕方などでストーブの機能を左右する重要なパーツ。
    ストーブ本体と同程度に大切なものなので、設置にあたっては慎重を期したい。


  • 煙突掃除

    薪ストーブや暖炉を快適に使用するために欠かせないメンテナンス作業。
    煙突内に付着した煤(すす)やタール、クレオソートなどをきれいにする。ストーブの使用状況にもよるが年に1回程度は行いたい。


  • オーバニング

    火を焚き過ぎた状態のこと。
    薪がムダなばかりでなくストーブを傷める原因にもなる。


  • オーブン

    クッキングストーブの主要パーツのひとつ。
    輻射熱でふっくらと焼き上げる。


  • おき

    薪の燃焼時の状態で、赤く炭火のようになり炎を出さずに燃えている状態。少ない空気で大量の熱を発するため、ストーブにとってはベストな燃焼状態といえる。